ゲームプログラマーについて

ゲームプログラマーについて

スポンサードリンク

ゲームプランナーがゲームを作る上での潤滑油的な存在と表現しました。

 

周りの作業効率に大きく影響することから、【心臓部】のような存在とも言えるでしょう。

 

では、ゲームプログラマーはどうなの?…と言いますと、ゲーム開発における【脳みそ】と言えるでしょう。

 

いくらゲームが作りたいといっても、そのゲームを作ってくれる人がいなければゲームは動くことがありません。

 

その作業を請け負うのがゲームプログラマーです。

 

ゲームプログラマーというのは知識に貪欲な人が多いように感じます。
物知りです。

 

機能面で困ったことがあれば、
まず最初に相談するのがゲームプログラマーになるでしょう。

 

プログラマーというとオタクなイメージがあるかもしれません。

 

それはあながち間違っていないのですが、
ゲーム業界に限って言うと元気なオタクが多いでしょうか(笑)

 

ゲームプログラマーの主な仕事というと

  • ゲームのメニューごとの開発
  • ゲームの肝となるシステムの開発
  • 社内ゲームエンジンの開発

などが挙げられます。

 

それ以外にも、
パラメータ調整用のデバッグツール等の開発も担当者に相談することで作成してくれることでしょう。

スポンサードリンク


ゲームプログラマーについて関連ページ

共同開発
ゲーム業界では他職と連携して作業を行うために、共同開発用のツール(バージョン管理)などを使用して開発を行います。どのようにして共同開発を行うかをお話します。
ゲームデザイナー
ゲームというのは実に多くの画像リソースを必要とします。かつてはドット絵だったものが今は3Dへと移行し、それに伴い、3Dモデル担当者やテクスチャなど個別の担当デザイナーが存在します。

TOP 就職 転職 仕事 他業種 年収 資格 内部事情