ゲームプランナーへの転職方法

ゲームプランナーへの転職方法

ゲームプランナーへの転職方法についてお話します。

 

まずはじめに、
トップページでも少しお話させていただきましたが、
ゲーム業界というのは転職が非常に盛んな業界です。

 

ゲーム業界での転職理由としては

不景気による会社への不安
給与への不満

などが主でしょうかね。

 

ゲーム業界というのはアクティブな人が多いこともあり、
他業種に比べ、転職が本当に盛んです。

 

あなたがもし、ゲームプランナーとして就職したとしても、
いずれは転職を考える時期がくることになる可能性の方が高いということです。
(サイト主も転職経験がございます。)

 

その時は、当サイトを思い出していただければと思います。

ゲームプランナーの転職

ゲーム業界に入ってみれば分かりますが、
ゲーム制作に関しては忙しい時期とそれほど忙しくない時期というのが存在します。

転職時期について

まず、転職するためにはある程度まとまった時間が必要になります。
基本的にはプロジェクトが終わった頃を見計らって転職活動を行うのが良いでしょう。
(早くても1ヶ月程はかかると思って下さい。)

社会人の転職について

社会人の転職というのは…
学生の就職活動とは異なり、時間をとって転職を行うのが難しくなります。

*注意
もしあなたが、今現在仕事を辞めたばかりであれば、すぐに転職活動を行うようにしてください。
休みたいという気持ちも分かりますが、転職というのは無職の期間が開くほど難しくなります。

 

転職というのは学生の時の就職活動とは異なり、
一般的には転職支援サービスというものを利用して行います。

 

企業との仲介なども請け負ってくれます。

 

ゲーム業界の求人というのは基本的に非公開なので、
利用しないとそもそも転職できないという現実があります。

 

支援サービス自身は無料ですが、支援サービス利用者と企業が結びついた時に、
企業側から報酬をいただいているそうなので必死になってマッチするお仕事を探してくれます。

 

ゲーム業界であればこちらの転職支援サービスが有名です。
【DODA】:転職サイトに掲載されていない【非公開求人】の紹介を受ける方法は?
【WORKPORT】:ワークポートの転職コンシェルジュ

転職までの流れ

1:カウンセリング面談

まずはじめに、転職支援サービスのエージェントと呼ばれる担当者の方と
希望する転職先についてのカウンセリング面談を行います。

 

この時の注意ですが、
必ずあなたの希望をエージェントの方に伝えるようにしてください。
(希望が明確であればあるほど、企業紹介もスムーズになります。)

 

例えば以下のような項目です。

  • 給料について
  • 勤務先について
  • 労働時間について

2:紹介案件の精査

実際に希望に沿うような案件を支援サービス側から提示してくれます。

 

相手は転職のプロですが、ゲーム業界内部の人間ではありませんので、
実際に選択する際は、各自で受ける企業について一から調べる必要もでてくることでしょう。
(その点に関しては学生時代の就職活動と同じです。)

3:応募

実際に受けようと思う企業を選択し、エージェントの方にその旨を伝えます。
支援サービスを通して書類選考が行われ、マッチする場合は早速面接を行うことになります。

4:面接

面接になりますが、学生のときの面接とは異なります。

 

面接担当者も、あなたが社会人経験がある人間として接してきますので、
受け答えはしっかりと行うようにしましょう。

5:採用の場合、いつから働けるか

このことをもう一度考えておいてください。

 

相手からすれば早いほうが良いですが、退職の打ち合わせや引越しの準備等もあります。
一ヶ月後からなのか?二ヶ月後からなのか?…適切な時間を答えるようにしましょう。

 

心配であれば先輩社員の方に訪ねてみるのも一つですね。
ゲーム業界の人間は転職なれしている人も多いので、相談に乗ってくれることでしょう。

転職方法|ゲームプランナー記事一覧

未経験からの転職|ゲームプランナー

いざ社会に出てみて、やはりゲーム関連の職につきたかったと思い、ゲームプランナーへの転職を考える人も意外と多いと聞きます。どういった点をアピールポイントとしてアピールすれば良いかについてお話します。1:PCが使えることは絶対条件ゲームプランナーという職は、実際にゲームをプレイする時間も多いですが、書類...

≫続きを読む

フリーター・第二新卒|ゲームプランナー

フリーター・第二新卒という状態からゲームプランナーを目指す場合の注意点について。まず、最初に…現実的に【フリーター・第二新卒】という状態から就職可能か?ということですが、【可能】です。はっきり言って…難しいです。ですが…可能です。可能と断言できる理由は…私がそうだったからです。今からお話することを意...

≫続きを読む

スポンサードリンク


TOP 就職 転職 仕事 他業種 年収 資格 内部事情